Connect with us

Hi, what are you looking for?

家づくりのこと

暮らしが仕事、仕事が暮らし

「暮らしが仕事、仕事が暮らし」(陶芸家・河井寛二郎が大切にしていた言葉)

この言葉に相応しい家が完成しました。

お施主様は新築を機に独立し、この土地で造園業を営みます。

そのために、一般的な住宅とは少し変わったプランになりました。

仕事柄、土を扱うことが多いため、作業着のままの土足でも使用できるように、1階のトイレは玄関の土間部分に配置しています。

また、浴室は母屋ではなく、事務所として使われる予定の「離れ」の片隅に設けました。

靴や作業着についた土を居住スペースに上げたくないこともありますが、ここに設けることで、浴槽からは茶畑と、天気が良い日には海まで望めるプランとなっています。

造園工事はもちろん、内装もお施主様の施工の部分が多いため、未完成の部分を残してのお引き渡しとなりましたが、これからの成長がとても楽しみです。

最近の投稿

関連記事

玉川くらし(野澤家)

玉川ベース、いよいよ炊事場づくりに入りました。 ...

玉川くらし(野澤家)

回数を重ねるごとに盛り上がりを見せている玉川ベー...

玉川くらし(野澤家)

半外が完成間近ということで、家のプランを考えてく...

玉川くらし(野澤家)

電気関係を除いて、小屋が完成! 中に入るとヒノキ...

Copyright © 2020 DWELL LAB. 家と暮らしの研究所