Connect with us

Hi, what are you looking for?

半外空間のこと

16年目のGOOD-TIME PLACE

愛知で家づくりのお手伝いをさせていただいている「イトコー」さんの物件になります。

イトコーで第1号となるGOOD-TIME PLACEこちらでもご覧いただけます)を見学されて、「私達がずーっと求めていたのは、こういう暮らし!」と、ご夫婦ともに感動していただき、その場でプランのご依頼をいただきました。

後日、イトコーの伊藤専務とともに現場に伺うことに。

ご自宅はイトコーで16年前に建てられた「フォルクスハウス」(OMソーラーが開発した、当時としてはかなり先鋭的な「木造打ちっ放し住宅」)。

経年とともに飴色に変色した内壁の唐松合板や唐松集成材で出来た柱・梁の味わいに、今度は自分達が感動していました。

調度品からも丁寧な暮らしぶりが伺えて、とても居心地のいい空間でしたので、その持ち味を壊さないように、馴染みのいいGOOD-TIME PLACEを提案することになりました。

2階のバルコニーに貼られていた腰板と床材を取り外して、それを外キッチン用の腰壁にリメイク。
そうすることで、材料代が0円なうえ、それまでもそこに存在していたかの様な自然な仕上がりに。

床材が貼られていた部分にはFRP製のグレーチング(網目状の格子)を置くことで、今後は傷んで取り替える必要がなくなり、また、下に光を通すので、1階のデッキが依然よりグッと明るくなりました。

奥様からは、

「室内のキッチンまで明るくなって、とっても気持ちがいいです!」

との嬉しいお言葉をいただきました。

こんな感じで、長く住み続けても、なかなか答えが見つからず、悩みを抱えながら暮らしていらっしゃる方は、少なくないと思います。

今後も、GOOD-TIME PLACEを通して、そんな方々の悩みを解決していけたらと思います。

最近の投稿

関連記事

半外空間のこと

2021年6月9日に、「五右衛門風呂+アウトドア...

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

ゴールデンウィークはGOOD−TIME  PLA...

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

ぽかぽかと陽気が気持ち良い日が増えたり、 旦那さ...

DWELL

20歳の長男イサムともうすぐ18歳になる次男 遼...

Copyright © 2020 DWELL LAB. 家と暮らしの研究所