Connect with us

Hi, what are you looking for?

玉川くらし(野澤家)

森で遊ぶ

友人も誘って、2回目の『かやっこ』に体験で参加してきました。

さあ、お散歩に出発。
足元を見ると、ちらちらと咲く青い花。
名前は「つゆくさ」といい、花びらで絵が描けるようです。
画用紙をもらい、あーちゃんもお絵かき。とてもきれいな透き通った青が、画用紙の上に広がりました。
水で洗ったり、太陽に当てたりすると消えてしまうのが特徴らしく、昔は下絵を描くのに使われていたようです。

途中で朽ちた丸太を発見。木をめくるのが楽しくなったあーちゃん、夢中でペリペリペリペリ。お友だちのそうちゃんとも一緒にペリペリしました。
はい、どおぞ。
子ども同士の関わりも生まれます。

玩具ではなく、森にあるもので遊ぶ。
なんて素敵なんでしょう!

 

原田さやか

最近の投稿

関連記事

玉川くらし(野澤家)

昨夜入れたお風呂。 「お風呂入る!」 といって、...

玉川くらし(野澤家)

旦那さんの美術の友人、太一くんが遊びに来ました。...

玉川くらし(野澤家)

沢山の方々に来ていただき、2回目のフィールドづく...

玉川くらし(野澤家)

家のお豆を収穫! スナップエンドウ、ミエンドウ、...

Copyright © 2020 DWELL LAB. 家と暮らしの研究所