Connect with us

Hi, what are you looking for?

野澤家の家づくり

超低温乾燥機

外壁になる杉の赤身の板が超低温乾燥機に運ばれました。

この乾燥機を手づくりしたのは家具職人の野木村さんです。
野木村さんは「すまうと」というブランドで、天然乾燥の杉やひのきを使って素敵な家具を作っています。杉の赤身をとても愛し、木のためにと天然乾燥を選んでいるのですが、家具の場合、もう少しだけ乾燥させたいようで、42~3度程度の超低温乾燥機を作りました。
通常の低温乾燥は60度。42度は自然界にある温度で、木にとてもやさしく、木が持つ成分を失わないようです。

乾燥機を作ったことはお聞きしていたので、何かでお仕事をお願いしたいと思っていましたが、外壁の杉の乾燥が間に合わないため、このタイミングでお願いすることができました!

杉の板は数週間かけてゆっくりと乾燥されます。
見た目は変わらないと思うけど、乾燥後に会えるのが楽しみです♪

 

原田さやか

最近の投稿

関連記事

玉川くらし(野澤家)

昨夜入れたお風呂。 「お風呂入る!」 といって、...

玉川くらし(野澤家)

旦那さんの美術の友人、太一くんが遊びに来ました。...

玉川くらし(野澤家)

沢山の方々に来ていただき、2回目のフィールドづく...

玉川くらし(野澤家)

家のお豆を収穫! スナップエンドウ、ミエンドウ、...

Copyright © 2020 DWELL LAB. 家と暮らしの研究所