Connect with us

Hi, what are you looking for?

おすすめの一品

「コンテナFARM」について(DIY方法も公開!)

最近、コンテナFARMについての問い合わせが急に多くなってきていまして「もしかして他の皆さんも知りたい情報なのかな?」と思い、まとめてみました。(毎回の個別対応がちょっとばかり大変になってきたのという別の理由もあるのですが😁)

DWELLのプロジェクトは、僕が興味を持ち、実践してみて、楽しければ、より快適さを求めてスタートします。コンテナFARMも、僕が家庭菜園に興味を持ったことから始まりました。詳しくはDWELLのホームページで紹介していますのでこちらをご覧ください。

1.DWELL オリジナルのコンテナFARMについての商品説明と購入方法

・こちらが、定番のDWELLオリジナルのコンテナFARM
・腰板には鹿児島の杉に、自然塗料のウッドロングエコを塗ってあります。
size:w855×d770×h675

キャスター付きですので台風の時などは、こんな感じで屋内への移動も楽に行えます。コンテナFARMは通常3段となっていますが、写真のものは保育園用に2段仕様となっております。

高さが低いので、小さいお子さんでもこんな感じで収穫できます。

こちらのもみじのいえ保育園では、食育のためのツールとして活躍中。保育園での様子がこちらでご覧いただけます。

県外のお客様には、このようにバラした状態で送らせていただきます。
送料は東京まで一律¥8000/台

納期:注文をいただき入金確認後1ヵ月程度
※台数が多い場合やほかの仕事の兼ね合い上、多少納期が遅れることがありますが、ご了承ください。

既製品のプランターが1台に付き2個必要となりますが、そちらはお客様に購入していただいております。こちらのサイトで購入できます。

価格ですが、上代は¥70000(税別)となっておりますが、お店をされている方とコンテナFARMの広報支援をしてくださる方には、7掛けの¥49000(税別)で販売させていただいております。尚、送料はどちらの場合も鹿児島〜東京で、一律¥8000(税別)となります。東京より北にお住まいのお客様は、都度の見積もりとなります。

※広報支援とは、instagramやFacebook、noteなどで、コンテナFARMのことやDWELLのことをご紹介していただきたいと思います。また、それらのSNSで使われた写真の中で、僕も使いたい写真があるときは、写真の提供もお願いすることもあります。こちらから催促を促すことはありませんが、できる限りの応援とご協力を宜しくお願い致します。

こちらの写真は、広報支援していただいているお客様からいただきました。ルーフバルコニー付きのマンションで、使っていただいております。都会の風景とも相性はいいようです。

建物の中庭にできたGOOD-TIME PLACE。コンテナFARMで育てた野菜をそのまま外キッチンで調理してその場で食べられます。

こちらはDWELLのコンテナFARM。コンパニオンプランツに挑戦してみました。

一度にいろんな種類の野菜が食べらるのが、とっても嬉しいシステムです。

こうやって蜜蜂も受粉のお手伝いにやってきます。

ちょうどいい高さで設計してありますので、植え替えなどの作業も楽に行えます。

玄関先におけば、子供も寄ってきます^_^

2.庭に固定のコンテナFARMの作り方

一軒家にお住まいで庭があるお客様には、下記のマニュアルを参考に固定式のコンテナFARMを、ご自身で作っていただいております。

サイズは自由なのですが、家庭菜園を初めてされるお客様には、これくらいのサイズ(w1500×d900×h700)をオススメしています。四隅に40×40の角材を地面に打ち込み、厚みは20mm程度、幅は200mm程度の板をビスで固定します。木材には塗装をすることをお勧めしていますが、食べ物を育てる箱になりますので、自然塗料を施された方がいいかと思います。因みにDWELLではウッドロングエコという塗料を使用しています。

箱が組み終わりましたら、写真のように防草シート(ホームセンターなどで購入いただけます)を内側に貼り後は、良質な土を入れれば完成です。

こちらのお客様は、お子さんが遊ばなくなった砂場に設置されたそうです。

後日、こんな素敵な写真が送られてきました。

ベンチ付きも楽しそうですよね。

廃校となった小学校跡地を利用した施設に設置された大きめのコンテナFARM。ウッドデッキの足元も隠せて見た目も随分と良くなり、野菜も作れて一石二鳥ですね。

友人の家のコンテナFARM。親子で野菜づくりを楽しんでもらっています。

こちらは、僕がプロダクトをスタートしようと思うきっかけとなったドッグランに設置された固定型のコンテナFARM。愛犬と一緒に野菜づくりやガーデニングを楽しんでいます。

3.最後に

「畑で野菜をつくる」と思うとなかなか挑戦しづらいですが、コンテナFARMだと気軽に楽しくできそうだと思っていただけたら嬉しいです。そして何よりも、採れたて新鮮な野菜を安心して食べられる幸せ。

DWELLではこのように、ちょっとしたアイデアで、皆さまの暮らしが少しでも豊になったらいいなぁ〜と思いながら様々なプロダクトを進行中です。

ちなみに最近のハマりごとは「鶏の飼育」。小屋作りからオーガニックな餌の開発のプロダクトをスタートしようかと検討しております。こちらも、落ち着いたらまとめたいと思っています。

家庭菜園は、とっても楽しいので興味を持たれた方は是非挑戦してみてください。分からないことなどありましたら、何でもご相談ください。

最近の投稿

関連記事

窪見家の家づくり

> モールテックスをDIY①はこちら モー...

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

ゴールデンウィークはGOOD−TIME  PLA...

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

先日ついに届きました、TRUCKのFK SOFA...

窪見家の家づくり

わが家の外壁は、上半分と下屋部分が杉板張りです。...

Copyright © 2020 DWELL LAB. 家と暮らしの研究所