Connect with us

Hi, what are you looking for?

玉川くらし(野澤家)

おもちゃの収納

階段下のおもちゃの収納をどうしようかと考えていました。

最近試みていたのは、旦那さんが木のおもちゃを縫い付けた箱を用意してくれ、その箱にジャンルごと入れていく。というスタイル。(一番上の写真)

ずぼらな私たちだとうまく整理できず、私は何がどこに入っているかを把握できませんでした。
あーちゃんも同様でした。

やっぱり見える化ではないか!
それを検討する時に旦那さんとひと悶着。
意見が合わないと時たまそうなります。

そんな空気の中、家を建てる時に自分たちで伐った木の板がまだあったので、その製材を杉山製材所の杉山さんに依頼。
すぐに加工してくれ、立派な35㎜厚のヒノキの板が家にやってきました。
板ができたのはいいけれど、これをどうつなぎ合わせよう。
私ひとりだと非力です。

見かねた旦那さんが、やってあげるよと一緒に考え始めてくれました。
そうすると、色々なグッドアイデアが出てきて、階段を突っ切って、あーちゃんのデスクもあるひとつながりの棚にしたらどうか。と思いもしなかった素敵なアイデアが生まれてきたのです!

早速さらに長い板を杉山さんに依頼。
奈良県の友人、菅野大門くんがデザインしたブックスツールと合わせて、素晴らしい棚ができました!
あーちゃんも自分の机や板渡りを楽しんでいます。

これでひとつ解決!!
あ、赤ちゃん用のおもちゃを置ける場所も用意しなきゃ!

 

原田さやか

最近の投稿

関連記事

窪見家の家づくり

> モールテックスをDIY①はこちら モー...

半外空間のこと

2021年6月9日に、「五右衛門風呂+アウトドア...

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

ゴールデンウィークはGOOD−TIME  PLA...

玉川くらし(野澤家)

昨夜入れたお風呂。 「お風呂入る!」 といって、...

Copyright © 2020 DWELL LAB. 家と暮らしの研究所