Connect with us

Hi, what are you looking for?

白鳥家の家づくり

「2220万円の私たちの家。これって安いの?高いの?後編」

工務店イトコーで広報を担当する村瀬です。

前編に続き、20代夫婦の家づくりの「お金」について、等身大でお話ししたいと思います。

私たちの家は税別・2220万円です。
建物の造りはシンプルに、でも、いろんな場所にこだわりが詰まっています。
現場の様子と一緒にそのこだわりをご紹介したいと思います(^_^)

こちらのシンプソンの窓は、譲れなかったものの一つ。
アメリカの「シンプソン」社の両開きできる木製の扉です。

まるでお店みたいな、とっても存在感のある木の玄関扉。
素敵ですよね(^_^)
木製なので、これから少しずつ時間をかけて風合いが増していく様子も楽しみ。
ここはお客様の玄関にもなるので、こだわりました!

壁材には針葉樹合板を採用しました。
元々は壁の中で使われる、見えない素材です。
仕上げ材に使うことでかえってその荒々しさが「手づくりの家」を演出してくれるのが特徴。
木の経年変化を楽しみ、暮らしによく馴染む素材です。

でも一部の壁はモイスを採用しました。
この素材の1番の特徴は「調湿効果」。
部屋の中の湿度を調整してくれるんです。
脱衣室・トイレと水回りを中心にモイスを選びました。
モイスを選ばれた住まい手様は、「モイスの調湿効果のおかげで快適。特にジメジメする梅雨でも、家の中はサラッと過ごせて気持ちが良い」と大絶賛!

はじめはフレームキッチンを設置予定でしたが、建築中にオーダーメイドのオリジナルキッチンに変更!
作業台とあわせてDWELL川畑さんのデザインです。

このようにLINEでキッチンの詳細を打ち合わせしていきました。

こちらは川畑さんが以前手がけたオリジナルキッチンの写真。
仕上がりのイメージを共有するために、このように施工事例の写真を送ってくれました。

特に見ていただきたいのが、コンロ下の収納!
面材の素材・塗料の仕上がりと取手の金具が素敵(^_^)

最初に提案いただいた図面がこちら。
それぞれの素材や寸法まで詳しく書かれていて、スッキリ見せるゴミ箱のチョイスなど細部までデザインしてくれています!
オレンジで囲ったスペースは、IKEAの可動式ワゴンの寸法が入るようになっています。

一番左の収納は2段になっていますが、上が料理中に使う調味料入れ、下がボトルなど大きな容器に入った調味料入れになっています。
施工事例の写真で言うと、一番右の棚と同じイメージ。

料理中によく使う醤油や塩などの調味料は、意外と場所をとりますよね。
出しっぱなしの方が手に取りやすいけど、汚れたり、他にもボウルやまな板や材料を広げると邪魔になるし…。
この収納棚なら、料理しながらササっと手が伸びて便利だし、大きな容器や補充用の調味料も保管できてとても使い勝手が良さそう!

こちらが最終決定の図面です。
シンクの関係で少し配置が変更になりました。

タオル掛けなど金具も川畑さんチョイス!

川畑さんはよく「僕は全く料理をしない」と言いますが、本当かなぁ?と不思議に思っています。
川畑さんのプランから「キッチンで快適に過ごす工夫」をすごく考えられているなぁと感じるからです。

「引っ越してからフレームキッチンに合わせて、料理しやすくなるようにキッチン周りを整えようかな」とのんびり考えていたけど、このプランからは実際にキッチンに立ったときの動作を具体的にイメージできたし、しかも引っ越す前から新しくキッチングッズをいろいろ用意し始めたりしていて、私自身もびっくりです。

だからこそ、新しいキッチンが楽しみで仕方ありません(^_^)

サイズが幅2700と大きめで、作業がしやすい・物が片付けやすい・しかもかっこいいと三拍子揃ったキッチンです!

さて、ここまでは建物の紹介ですが、それ以外に別に予算を組んでいるのが家具と外構です。

家具は全てDWELL川畑さんのがコーディネート!
川畑さんは細部までコーディネートしてくれるので、打ち合わせがなくてもどんどん提案してもらえて、本当に助かっています。
世の中にあるたくさんの物の中から一つを選ぶのはとても大変だし、しかも私たち家具初心者には選ぶのも難しく…。

川畑さんは私たちにないアイディアをたくさん提案してくれました。
しかも私たちが伝えた予算内の、無理のないプランだから安心(^_^)

出来上がった家具を紹介できる日が楽しみですが、今日は一足先に一つだけご紹介したいと思います。

こちらは川畑さんの自宅の写真です。
向かってベット右横に置かれたFK SOFAが我が家にも来ます(^_^)

「授乳する時に、絶対ソファがあったほうが良い」と川畑さんからアドバイスがありましたが、私の勝手なイメージで、ソファってそんなに良い物じゃないと思っていたところがあって…。
今のアパートに引っ越す前も、家具屋さんでソファを試し座りしてみたこともあったけど、座り心地が良いソファにまだ出会ったことがなくて、「ソファ=座れれば良い」みたいな印象でした。

でも、こちらのソファは「座り心地」にかなりこだわっていて、しかもそのこだわり方がHPからもよく伝わって来たし、なにより川畑さんおすすめなこともあり「これなら!」と即決しました。
1日に何回もある授乳時間もゆったりと、少しでもリラックスして過ごせたらいいなぁと思っています。

外構は自分たちで進めることも考えています。
プロに任せた方が早いし、綺麗だし、それはわかっていますが…。
やっぱり一生に一度の家づくりなので、自分たちでやってみたい気持ちもありました。
安全に関わる部分はプロにお任せしたい思いますが、それ以外は出来るだけ自分たちでやってみたいと思っています!

そういった意味でも、いつ全てが完成するかわからないのもまた面白いと思っています。
暮らしながら、少しずつ手を加え、どんどん進化していく家づくり。
そんなに暮らしになりそうで、今から楽しみです(^_^)

さて、前編でもお伝えしました、完成に向けて見学会日が決まりました。
10月24・25日(土・日)の二日間、完全予約制で行います。
見学会当日は家具や照明も設置され、引っ越し前ですが実際の暮らし方に近い形を体感していただけると思います。
ぜひお楽しみに(^_^)

最近の投稿

関連記事

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

ぽかぽかと陽気が気持ち良い日が増えたり、 旦那さ...

DWELL

20歳の長男イサムともうすぐ18歳になる次男 遼...

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

先日ついに届きました、TRUCKのFK SOFA...

Copyright © 2020 DWELL LAB. 家と暮らしの研究所