Connect with us

Hi, what are you looking for?

白鳥家の家づくり

旦那様、またも怒られる!?

工務店イトコーで広報を担当する村瀬です。
出産までおよそ1ヶ月、赤ちゃんを迎える準備と新居への引っ越し準備と、楽しみでドキドキしている気持ちと、何となく落ち着かないソワソワと、そんな毎日です。

さて、今回は現場でのある出来事をお伝えします。
以前、現場監督の旦那さんが窓の発注を間違える「窓事件」をご紹介しましたが、次に起こったのは「壁事件」。

問題となったのは、1階のこの壁。

ここはトイレ・洗面への通り道でもあるので、招待したお客様の目にも映る大事な場所。
なんですが、こんな感じでスイッチ類が壁の中央に設置されてしまいました…。

現場打ち合わせに来てくれたDWELL川畑さん、びっくり!
というか、ガッカリ?
旦那さんは冷や汗びっしょり(^_^;)

なんの穴かというと、24時間換気のコントロールパネルとこの壁に設置される照明のスイッチでした。
すぐさま川畑さんからやり直し案の指示がありました。

24時間換気は基本的に操作は必要なく、全自動システム。
日常生活の中でコントロールパネルを触ることは滅多にないので、見えない・わかりづらい場所にあってもOKということで、壁の裏側・和室の収納内側に移動することに。

照明のスイッチも一緒に移動することになりました。
この照明は場所を明るくするよりも、壁に掛けた絵や床に置いた観葉植物を照らす役割をメインとして計画しています。

頻繁にON/OFFする必要もなさそうなので、スイッチも一緒に壁の反対側へ。
使用頻度とその役割を整理して、さらに見た目の仕上がりと天秤にかけて位置を変更することに。

もちろん、照明・コンセント位置の打ち合わせも工事着工前にしていますが、現場が進んでいくと図面では問題にならなかった不具合に何度も遭遇しています。
場合によっては、着手する前に気づいて対処したケースもありますが、このようにすでに壁を仕上げた後に気づく、なんてことも。

現場監督の旦那さんがしょんぼり肩を落とす隣で、私としては「やり直しでもっと良い仕上がりになる!ラッキー!」と全く反対の気持ち(^_^)

「壁事件」が解決したのも束の間。
一難去ってまた一難と言いますが、実は先日の現場打ち合わせで、またまた事件が発生。
旦那さんがただいま奮闘中です。
こちらも収束したら、またご紹介したいと思います。

そんな旦那さんにも、嬉しい出来事が!
足場が取れて外壁の木の鎧ばりがよく見えるように。

風景によく馴染んだ、かっこいい外観(^_^)
「正直、かっこよくてずっと見ていられる」と、旦那さんもこの仕上がりにとっても嬉しそう。
現場に行くと思わず手を止めて惚れ惚れ見てしまうほど気に入っています。
(ほどほどにして、お仕事してね)

私が今一番気に入っているのは、洗面鏡。

川畑さんに提案いただいた、柳宗理デザインのウォールミラー。
永く愛されているデザインのこの鏡は、自然とこの場所に馴染みました。

こうやってお気に入りの場所が増えていくのが、本当に嬉しい(^_^)
旦那さんもどんどんかっこよくなっていく家に、現場監督の大変な気持ち以上にとても楽しそう。
毎日、「今日はここができたよ〜」と欠かさず報告してくれます。

もちろん、住む準備も進めています!
近々2階に大きな家具を搬入する予定なので、そちらもまたレポートしたいと思います(^_^)

最近の投稿

関連記事

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

ぽかぽかと陽気が気持ち良い日が増えたり、 旦那さ...

DWELL

20歳の長男イサムともうすぐ18歳になる次男 遼...

気づきを愉しむ暮らし(白鳥家)

先日ついに届きました、TRUCKのFK SOFA...

Copyright © 2020 DWELL LAB. 家と暮らしの研究所